リノベーションのお役立ち日誌

RENOVATION DIARY

#041

購入後のランニングコストを把握しよう2

購入後のランニングコストを把握しよう2

固定資産税・都市計画税

 

不動産を購入すると、毎年固定資産税・都市計画税の徴収があります(省略して「固都税」と呼ぶことが多いです)。その年の1月1日にその不動産の所有者である者に対して、だいたい6月~7月頃にその年の年税額を知らせる通知が市区町村から届きます。一括で支払うこともできますし、4回に分けて支払うことも可能です。
 

物件によって金額はまちまちですので、可能であれば物件契約前に、MIMAエージェントに最新の金額を確認しておくとよいでしょう。固定資産税については3年ごとに評価替えがあり、金額の見直しが行われます。

 

保険料

 

決済の当日に火災保険へ加入することになりますが、近年制度が改正され、いまでは一度の契約で最長10年まで加入できるようになりました。他にも1年、3年、5年などのプランがありますが、契約期間が長ければ長いほど割引率が高くなるためお得です。
 

また、火災保険のほかにも地震保険に加入される方も多いと思います。こちらについては1年払いと5年払いの選択が可能です。契約期間が満了する頃に、再度更新の手続きが必要となりますので、頭の片隅で覚えておきましょうね。
 

さらに、意外と加入しておいた方がいいと言われているのが家財保険。それぞれ火災保険・地震保険と連動して加入することが可能で、加入期間もそれぞれの契約期間によります。

この記事が気になったらいいね!

≪ 一覧に戻る
カタログセット無料プレゼント!もっと施工事例を見たい方はこちら