リノベーションのお役立ち日誌

RENOVATION DIARY

#054

住宅ローン借入額の考え方。

住宅ローン借入額の考え方。

こんにちは。
今回は、住宅ローンについて少しお話したいと思います。

夢のマイホーム購入をお考えの方で、
現金一括払いで物件を探されている方は、すごく少ないでしょう。
大体の方は、銀行融資つまり住宅ローンを組んで購入されると思います。

では、住宅ローンを組むのに、何が基準となるのでしょうか。
一番は年収です。
年収が〇〇〇万だからこれくらいは借りれるだろうとお考えの方もおられるでしょう。
ただ、少し気を付けて頂きたいのが「借りれる額」=「返せる額」ではない
という事を、知っておいてください。

ここで下記のようなシュミレーションをしてみたいと思います。

<条件>
名前:Aさん
年齢:30歳
家族構成:夫婦+子供二人
年収:350万円
月々返済希望額:5万円
ボーナス返済:なし
借入期間:35年
その他の借入等:なし

こんな条件を仮定してみました。
ではAさんは、住宅ローンをいくらくらいまで借り入れる事ができるのでしょうか。





ちなみに青ラベルが年収から銀行が審査する場合です。
ピンクのラベルが月々返済希望額から逆算する場合です。

結果は……



どうですか?
左のグラフが年収から計算した借入可能額。
右のグラフが返済希望額から計算した借入可能額です。
なんと700万円近くの差額が出てしまいました。

では、月々の返済額の差はどれくらいでしょうか。
金利1%として、月々の差額は約2万円になります。
希望額の5万円から1.4倍アップの7万円です。
家計を預かる奥様は、毎月どこかで2万円確実に節約しなくてはいけませんね。
すごく大変ですよね。

このように、「借りれる額」でマイホームを買うのではなく
「返せる額」で購入する事が失敗しないマイホーム購入術です。

ついつい物件を見ていくうちに、最初に思っていた予算より
高い(良い家)に目が行くのは、当然の事ですが…大事なポイントですので
ぜひ覚えて頂ければと思います。

【マイホーム探しの第一歩は資金計画から!!】

この記事が気になったらいいね!

≪ 一覧に戻る
カタログセット無料プレゼント!もっと施工事例を見たい方はこちら