リノベーションのお役立ち日誌

RENOVATION DIARY

#009

人気

内窓(二重窓)がおすすめの4つの理由 補助金対象

内窓(二重窓)がおすすめの4つの理由 補助金対象

こんにちは、不動産部の布尾です。
リノベ事例でも内窓の事例をあげさせて頂きましたが、
個人的にですが、最近よく内窓を取り付ける機会に遭遇いたします。
そこで、内窓の魅力をお伝えしたいと思います。

まず、内窓とは…今お使いの窓やベランダ窓の内側(お部屋側)に、
もう一枚窓を取り付ける事で気密性と断熱性を向上させる商品なのです。
単純なメリットは次の通りです。

メリット① : 気密性の向上により断熱効果がアップします。
        つまり省エネになります。エアコンや暖房器具の光熱費が約25%
        お安くなるでしょう。
        実は、住宅の中で一番熱の出入りが大きいのが窓なんです。

メリット② : 断熱性がアップする事で
結露が減少します。
        結露の発生を抑える事でカビダニのトラブルから解放されます。
        奥様のお掃除時間も短縮されますね。

メリット③ : 気密性向上で防音性アップ。
        もちろんですが、外から入る音だけで無く、お家から出る音も
        軽減されます。
        例えば、子供の泣き声や寝かしつける時に効果絶大だと思いませんか?
        例えば、映画鑑賞や音楽鑑賞にも使えます。

メリット④ : 防犯にも大変効果的です。
        なぜなら、単純に窓が二枚あるとゆうことは、侵入に掛かる時間も2倍に
        かかります。手間のかかるお家を泥棒さんは嫌うので、視覚で訴えれる
        内窓は大変効果があります。
        余談ですが、泥棒の侵入経路の
70%は窓からなんですって。
        しかも、侵入に掛ける時間は
5分以内が鉄則みたいなので、手間の
        掛かるお家は選ばれ難いですよね。  

以上、簡単にメリットをお伝えしましたが
デメリットは無いのか?
と、お気づきになったでしょう。
…はい。ありますデメリット。ずばり窓の枚数が増えるので拭き掃除が
2倍になります。
窓を開けるのに
2倍時間がかかります。この二点は確実にデメリットです。
といつもお伝えします|д゜)

いかがでしたでしょうか?

今回は、内窓のメリットデメリットをお伝えしました。
参考になれば幸いです!
ちなみに今なら補助金が出ます‼このチャンスにぜひ検討されては?
㈱MiMAの基準価格も参考までに。

        




 

この記事が気になったらいいね!

≪ 一覧に戻る
カタログセット無料プレゼント!もっと施工事例を見たい方はこちら